マツモト歯科クリニック

MAP

TEL

  • 患者さまの声
  • スタッフ紹介
  • 荒川区ドクターズ

予防歯科 予防歯科

見出し 見出し

予防歯科では虫歯や歯周病の予防、歯垢の除去などを行います。一番大切なの必要が無い、健康な歯を保ちます。殆どの人が出来ていない「正しい歯ブラシ方法」「歯周病予防とむし歯予防」についてしっかり見ていきましょう。

正しい歯磨きの仕方、知っていますか?

現在歯ブラシを一日2回以上している人の割合は8割以上とも言われ、以前に比べれば歯ブラシをしている人は増えています。ところが、歯周病や虫歯で苦労されている人は、それ程減っていない現状があります。もちろん効果が表れている方もいますが、大事なのは単なる「回数」や「時間」では無く、その人の状態・症状に合わせた道具や方法が重要なのです。
症状に合わせた道具・磨き方を簡単にご紹介します。当院ではブラッシング指導も行っておりますので、予防歯科を是非ご利用ください。

基本的な磨き方

汚れや細菌を落とすのに効果的なのは、歯ブラシの毛先を確実にあてていくことが重要になってきます。そのためには、あまり力を入れずに細かく動かすことようにする事が大事です。
具体的には、歯ブラシの毛先が歯と歯茎の隙間に入り込む程度の力で、歯の横幅一本分位の量で動かします。

奥歯の磨き方

奥歯を磨く時、大きく口を開いてしまうと、頬側の歯面が磨きづらくなってしまいます。
特に上の奥歯の頬側は、骨格の関係上歯ブラシの入るスペースが狭くなってしまい、歯ブラシが雑になりやすいので、奥歯を磨く際はあまり大きく口を開けずに歯ブラシを奥まであてる様にしましょう。

歯磨き粉の使い方

現在市販されている歯磨き粉は、ほとんどのものが研磨材が入っていなため、よほどの力をいれない限り、歯の表面が削れてしまうことはありません。

代わりにフッ素や着色を取れやすくする薬剤、歯周病予防の薬剤が配合されていることがあります。泡立ちによって磨いた気分になってしまわないよう、優しく丁寧に磨きましょう。

奥歯の磨き方

毎日決まった時間に歯ブラシを行なえることが理想です。できれば、「毎食後30分程度以内」「就寝前」に行えるようにすすめています。
口の中は食事をすると唾液の作用などで酸性に傾き、 細菌が増殖しやすい環境になります。こまめな歯磨きは、細菌を増殖しにくい環境にする目的があります。また就寝中は唾液の分泌が減少するため、就寝前に洗口液等を使用するとさらに効果的です。

定期検診が歯の寿命を左右します

歯周病予防に有効な検査診頻度は3か月~6か月に一回です。そのくらいでお越しいただくと、歯石が歯周病を進行させる前に除去できます。歯が痛くないからといって、長い間検診などを受けないでいると、初期に痛みがない歯周病の進行は発見できません。

定期検診ではデータが蓄積されることによって、歯の変化が発見でき、生活習慣や食事の変化を修正したり、ケアのアドバイスをすることができます。これを続けることによって包括的なお口の病気の予防ができ、長く自分の歯を使うことが出来ます。

  • 根管治療
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 治療歯科
  • インプラント
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 患者さまの声
  • スタッフ紹介
    • 根管治療
    • 審美歯科
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 治療歯科
    • インプラント
    • 歯周病治療
    • 予防歯科

    Copyright © MATSUMOTO DENTAL CLINIC ,All Rights Reserved.

    ページトップへ