マツモト歯科クリニック

MAP

TEL

  • 患者さまの声
  • スタッフ紹介
  • 荒川区ドクターズ

小児歯科 小児歯科

成長段階だからこそ、治療が大切です。 成長段階だからこそ、治療が大切です。

小児歯科ではお子様の乳歯を守る処置や、永久歯が適切に生えてくるよう処置をします。成長段階に沿って治療を行うことで、のちに問題が大きくなることを未然に防ぎます。

お子様のお口の健康をサポート

小児歯科は乳幼児期から学童期までのお子さんの歯科治療を行います。この時期は食べ方や歯磨きの仕方を覚え、指しゃぶりや爪を噛むことなどの癖を直すなど、口腔環境に関する成長とともに、乳歯が生え、永久歯に生え変わるという歯の変化も経験します。お口の健康を守る歯科医が、お子様のお口の適切な成長をサポートしていきます。

乳歯にも大切な役割があります

お母様の中にはお子様の乳歯に関して、「どうせ永久歯に生え変わるから」と、あまりむし歯予防に興味がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに乳歯は永久歯に生え変わりますが、むし歯を放置するとその永久歯に無事バトンタッチする役割も危ぶまれるのです。乳歯の根に虫歯が達してしまうと下の永久歯に影響し、また早くに抜歯してしまうと隙間が両隣の歯に徐々に詰められて、永久歯が乱れて生える原因になります。乳歯は虫歯のない状態で自然にグラグラし始め、永久歯に交代することが理想です。

予防処置で乳歯を虫歯からガード

乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄く、しかも生えたての場合は歯質が柔らかくなっていることから更にむし歯になりやすい状態にあります。そこで乳歯をむし歯から守る処置がありますので、是非ご利用ください。

フッ素塗布

歯磨き粉にも含まれているフッ素には歯にとって3つの働きをしてくれます。まず、プラーク中の細菌が酸をつくるのを抑制し、再石灰化を促します。そして歯の表面を酸に溶けにくい性質に修復します。歯磨き粉ではだ液や水によってフッ素が薄まってしまうので、歯に直接塗布する方が大きな効果が得られます。

シーラント

乳歯の奥歯は形がぼこぼことしていて歯の溝が複雑です。歯ブラシではなかなか汚れを落とし切ることが出来ません。
そこで、乳歯のうちから虫歯を作らないようにするために歯科用プラスチックを溝にかぶせ、食べ物が入り込まないようにするシーラントの処置を行います。

  • 根管治療
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 治療歯科
  • インプラント
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 患者さまの声
  • スタッフ紹介
    • 根管治療
    • 審美歯科
    • 一般歯科
    • 小児歯科
    • 治療歯科
    • インプラント
    • 歯周病治療
    • 予防歯科

    Copyright © MATSUMOTO DENTAL CLINIC ,All Rights Reserved.

    ページトップへ